ホームサービス・サポートQ&A

Q1: サンプルプログラムをUSB18FIO-ADタイプで実行したところ正常に動作しない。
A1: Ver1.02.05以前のバージョンでは、サンプルプログラムはUSB18FIO-DIOタイプ用のみとなっています。”ユーザーズマニュアル”の”サンプルプログラムの説明”を参照の上USB18FIO-ADタイプ用に修正してから実行してください。また、Ver 1.02.06よりUSB18FIO-AD用サンプルが添付されています。サービス・サポート→ソフトウェアダウンロードより最新版をダウンロードしてご利用ください。

Q2: 添付のCDソフトをインストールしたのにデータロガーソフトがインストールされない。
A2: データロガーソフトは別途インストールが必要です。以下のインストーラーを実行しインストールしてください。
インストールフォルダ\DtLog\DtlogSetup.msi をダブルクリックして実行してください。

Q3: データロガーを実行しても収集データファイルが生成されない。
A3: 以下の場合収集されないので、確認してください。
@指定した保存ファイル名のフォルダへのアクセス権限がない場合。
A収集開始トリガ指定時でトリガ条件が成立しない場合。

Q4: USB18FIO-ADタイプでデータロガーを実行したところ、ADデータがふらつく。
A4: ADポートはオープンなので、アナログ入力をしていない時はデータが不安定になります。ADポートに入力するとデータが安定します。入力をしているか確認してください。

Q5: デジタルIOの内部回路はどうなっていますか?
A5: USB18FIO-ADタイプの場合、入力はオープン、出力はLoになっています。 付属品の抵抗を取り付けると入力はプルアップされHiになります。取り付け方は、”ユーザーズマニュアル”の”ネットワーク抵抗の実装”を参照してください。
USB18FIO-DIOタイプの場合、電源投入直後は全て入力モードとなっているためオープンになっています。出力で使用する場合Cdusb18_SetDir関数にてデバイス出力方向設定を実行してから使用してください。その場合、初期値はLoが出力されます。Hi出力する場合はこの関数実行前にポート出力関数にてデータをHi("1")に確定してください。

Q6: Cdusb18_ADGet関数で取得したデータを電圧値にしたいのですが。
A6: ADデータは0〜5Vの電圧値を10bitで取得します。取得したデータは以下の式にて電圧値になります。
電圧値(V) = 取得したデータ(10bit) * (5 / 1023)

Q7: Cdusb18_ADStart関数にてAD入力をしたいのですが。
A7: この関数にてAD入力を行うと、設定したサンプリング時間でデータを収集できます。但し、1回に収集出来るデータは300データとなります。
使用手順は、Cdusb18_ADStart関数にてサンプリング時間を設定しAD入力を開始します。この段階でUSB18FIO-ADのユニット内にデータがあります。Cdusb18_ADStatus関数にて収集状況を確認後、Cdusb18_ADStop関数にてAD入力を停止し、Cdusb18_ADGetArray関数にてデータをPCへ取り込みます。
サンプリング時間についてはμSec単位での設定ですがAD変換時間より短い時間の設定では正常なデータを取得できません。変換時間についてはCdusb18_ADTime関数を参照してください。

Q8: Cdusb18_ADStart関数とCdusb18_ADGet関数の違いは何ですか。
A8: Cdusb18_ADStart関数の場合、指定したサンプリング時間でAD入力を行います。
Cdusb18_ADGet関数の場合、PC側のアプリケーションでこの関数を実行したタイミングでAD変換を開始しデータ入力を行います。

Q1: サポートソフトウェアをパソコンへインストールしたら「電源管理」の「休止状態」「スタンバイ状態」が無効になります。
A1: DSPボードのISA用デバイスドライバにより表示されなくなります。「休止状態」の設定を可能にするためにはデバイスドライバを無効にする必要があります。但し、無効にするとISA接続にてDSPを使用出来なくなりますのでご注意ください。
無効にするには”デバイスマネージャー”にて”プラグアンドプレイではないドライバ”を表示しA32XNT,A67XNTを無効にしてください。

Q2: 324で使用していたホスト用プログラムを674用に移植中。324ではHOLDコマンドを使用してDSPメモリへ書き込み・読み出しを行っていましたが、674でのHOLDコマンドは『DSPメモリへのアクセス等ができなくなるので通常は使用する必要はない』とマニュアルに記述されています。また、注意として『DSPを停止状態にするとSDRAMのメモリ内容が壊される可能性があります』との記述がありますが?
A2: 324の場合、DSP実行中には200000h〜2007FFh番地のメモリへのアクセスしかできません。 その他の領域のメモリへアクセスする為にはDSPを停止状態にする必要があり、ここでHOLDコマンド を使用することになります。674の場合は、324のような制約は無く、逆に停止状態にするとメモリへの アクセスができなくなります。また、DSPを停止状態にするとSDRAM(2000000h〜2FFFFFFh番地)の 内容を記憶できなくなり、その後メモリの内容を保証できません(正常に記憶できている場合もありま す)。従って、マニュアルでは『壊される可能性があります』という表現で注意を促しています。

↑ページ先頭へ

MATLAB対応ライブラリでよくある質問

1. バージョンアップ時におけるQ&A

Q1: 旧バージョンで作成したモデルがコンパイルエラーになる。
A1: 旧バージョンで作成したOBJファイルを全て削除してからビルドしてください。又、Ver5.00.01以降より1モデルに1つ”I/O Define”ブロックが必要になりました。


2. モデル作成時におけるQ&A

Q1: ”Edit Map”ブロックをダブルクリックしたら”Please execute DSP Map editer from RTMON”というメッセージが出力された。
A1: このバージョンでは”Edit Map”ブロックが使用できませんので、Real-Time Monitorのツール→マップ変更より設定を行ってください。

Q2: Real-Time Monitorで観測したい変数が選択できない。
A2: SimulinkのReal-Timeオプションでバッファを再利用する設定になっています。

バージョン毎で設定が異なりますので注意して下さい。
                
                


Q3: ”Edit Map”ブロックが”Bad Link”エラーになる。
A3: MATLAB対応ライブラリのバージョンが異なる時に起こる場合があります。現在使用されているバージョンの”Edit Map”を貼り直してください。

↑ページ先頭へ


3. モデルビルド時におけるQ&A

Q1: ”mkxxxrtw Not Define Number of I/O Board! Please use I/O Define Block”
A1:
@ Simulink Library BrowserのADSP324(又はADSP404、ADSP674)のフォルダにマウスでポイントし、右クリックにてライブラリをOPENしてください。
A ライブラリにある”I/O Define”ブロックをモデルにはりつけてください。
B はりつけた”I/O Define”ブロックをダブルクリックして定義画面を開き、モデルにあったI/Oボードの枚数を設定してください(設定するとその時のモデルフォルダに”adspio.h”ファイルが生成されます)。Simulink Library BrowserのADSP324(又はADSP404、ADSP674)のフォルダにマウスでポイントし、右クリックにてライブラリをOPENしてください。

Q2: ”Line xxx:error: the size of an array must be greater than zero”
A2: ”I/O Define”ブロックの定義と作成したモデルのI/Oブロックが食い違っています。

 ex)”I/O Define”ではADSP324-03 0枚と定義し、
      モデルにADSP324-03:A/Dブロックを使用しました。

Q3: Unable to locate make command : mk674rtwb on matlabpathというエラーダイアログが表示されてモデルビルドが出来ません。
A3: MATLABのみをインストールした状態で暫く使用した後、弊社製品をインストールした場合等に発生する現象です。MATLABメニューから、ファイル→設定→一般設定ダイアログボックスで、Toolboxキャッシュのアップデートボタンをクリックしてください。


4. 組み込み時におけるQ&A

Q1: 24時間連続運転したいのですが、問題ありませんか?
A1: 使用するブロックにより問題が発生する場合があります。これはMATLAB本来の構造的問題ですが対策が可能です。具体的方法については弊社まで直接お問い合わせください。


5. その他Q&A

Q1: 現在MATLAB対応ライブラリVer5.00.02のソフトウェアを使用していますが、MATLABバージョン6.5 or 6.5.1上で動作可能でしょうか?
A1: 動作対応状況につきましては下記の表をご参考下さい。ご不明な点がございましたら弊社までお問い合わせ下さい。

↑ページ先頭へ